雨龍研究林 森林圏ステーション

雨龍(うりゅう)研究林は、石狩川水系・雨竜川の最上流部に位置し、面積はおよそ25,000ha である。冬期の最低気温は-35℃、最大積雪深は200cm を超える、道内でも有数の多雪寒冷地域である。わが国最大の人造湖である朱鞠内湖を取り囲む研究林北部は、安山岩を基質とするなだらかな山岳地帯であり、天然生針広混交林を中心に、ミズナラ林、湿地性アカエゾマツ林、河畔林などを含む多様な林相を持つ流域からなっている。一方南部は、蛇紋岩や変成岩からなる山腹斜面が多く、これらの地質に依存したアカエゾマツ天然林が分布するほか、山火事や皆伐に起因する二次林が広い面積を占めている。このような立地を活かして、林分−流域規模での水・物質循環や、森林再生の技術開発に係る研究が行われている。また、多くの関連分野にまたがる生態系の長期モニタリングを実施しており、それらと関連づけながら大規模な野外操作実験も開始している。名寄林木育種試験地では、樹木の遺伝を取り扱う林木育種および、教育研究用試料となる主要樹種の苗木育成の技術開発、各種の野外実験を行っている。

雨龍研究林
住所
〒074-0741 北海道雨竜郡幌加内町字母子里
TEL
0165-38-2125
FAX
0165-38-2410
代表メールアドレス
uryu [アットマーク] fsc.hokudai.ac.jp
施設サイト
http://www.hokudaiforest.jp/about-us/雨龍研究林/

施設の特徴

わが国有数の多雪寒冷地に位置し、日本最大の人工湖である朱鞠内湖を取り囲んで針広混交林を中心に多様なタイプの森林が分布しています。

利用できる付帯施設

宿泊施設

利用に際して提供できる道具・機器類

各種測量機器、樹木計測機器、木工機器、送風乾燥機、実体顕微鏡、電子天 秤、pHメータ、ECメータ、スノーサンプラー

利用に際して提供できる人的サポート

所定の手続きのうえで、野外作業の補助、試験地等の設定が可能です。

施設を利用した主な教育・研究

研究:

朱鞠内湖とその流域を中心とした環境変化と生物多様性保全の長期総合研究

施設からのメッセージ

広大で多様な森林フィールド、各種の長期モニタリングデータを活用した研究
や実習利用が可能です。日本最寒気温を記録した冬もお勧めです。

【中学生・高校生対象】ひらめき☆ときめきサイエンス「 生き物の個性から学ぶ、豊かな森の守り方」を開催します

2018年7月3日

 

「科研費」(KAKENHI)により行われている最先端の研究成果に、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。
参加する皆さんが将来に向けて、科学的好奇心を刺激してひらめき、ときめく心の豊かさと知的創造性を育む内容となっています。


詳細はこちらから

https://www.hokudaiforest.jp/special/hiratoki2018uryu/


カテゴリ:
  • お知らせ
  • 森林圏ステーション
  • 雨龍研究林

「3Dモデルによる森林管理」 技術研修のご案内(7月13日~14日)

2017年6月8日

近年、ドローンによる写真測量や航空機レーザ測量によって森林の3Dモデルが比較的容易に作成・入手できるようになりました。写真測量ソフトの発達やGISの普及もあり、様々な場面で森林の3Dモデルが森林管理の現場で活用され始めています。

森林3Dモデルの作成から活用方法まで、一連の技術習得を目的とした研修を北大雨龍研究林で開催します。

 

○日 時:平成29年7月13日(木)13時 から 7月14日(金)13時まで

○研修内容:ドローンによる森林3Dモデルの作成・3Dモデル解析による森林蓄積の推定

○締 切:平成29年6月23日 定員:5名(定員になり次第締め切らせていただきます)

○会 場:北大雨龍研究林 (雨竜郡幌加内町字母子里)

○参加費:5000円(宿泊費、食事代含む)

○対 象:森林管理業務に従事し、GIS実務経験のある方

○連絡・申し込み先:北大雨龍研究林

○電話:0165-38-2125 FAX:0165-38-2410 メール:uryu@fsc.hokudai.ac.jp

○担当 坂井まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 森林圏ステーション
  • 雨龍研究林

母子里と出会う旅 2017冬 4月23日(日)

2017年4月12日

雪の中にある春を見つけにいこう

 

日時:2017423日 10時~17

集合場所:幌加内町母子里コミュニティセンター

定員:25名 

参加費:こども500円・おとな1000

申し込み締め切り:420日 (要事前申し込み)

詳しくは下記ファイルをダウンロードしてください。

 

2017冬母子里と出会う旅02

 

 

カテゴリ:
  • FSC
  • お知らせ
  • トピック
  • 森林圏ステーション
  • 雨龍研究林

雨龍研究林を利用して開催された国際トレーニングコースの様子が、京都大学生態学研究センターのセンターニュースに掲載されました

2016年12月15日

2016年6月16から24日の日程で、本学札幌キャンパスおよび雨龍研究林を舞台に、国際トレーニングコース“Long-term trends in nitrogen cycles in ecosystems; Field monitoring and global comparisons”が開催されました。本コースは国際長期生態学研究ネットワーク(ILTER)が主催し、計10カ国から講師25名、学生19名が参加したもので、その様子が京都大学生態学研究センターセンターニュース(PDF2.7MB)に掲載されました。

トレーニングコースの報告はこちらから

kyodaicfirn

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 森林圏ステーション
  • 雨龍研究林

母子里と出会う旅2016冬 雨龍研究林 3月13日(日)

2016年2月24日

--日本一寒い里の どこよりも 元気であったかい一日 -- 2016冬母子里と出会う旅

日時:2016年3月13日 10時~16時
集合場所:北海道大学雨龍研究林庁舎前
定員:40名 (昼食持参)
参加費:700円
申し込み締め切り:3月7日 (要事前申し込み)

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 森林圏ステーション
  • 雨龍研究林

雨龍研究林では植樹体験を行います

2015年9月10日

雨龍研究林では9月26日に一般の方々を対象として、植樹体験のイベントを行います。
母子里と出会う旅

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 森林圏ステーション
  • 雨龍研究林

母子里と出会う旅 2017冬 4月23日(日)

2017年4月12日

雪の中にある春を見つけにいこう

 

日時:2017423日 10時~17

集合場所:幌加内町母子里コミュニティセンター

定員:25名 

参加費:こども500円・おとな1000

申し込み締め切り:420日 (要事前申し込み)

詳しくは下記ファイルをダウンロードしてください。

 

2017冬母子里と出会う旅02

 

 

カテゴリ:
  • FSC
  • お知らせ
  • トピック
  • 森林圏ステーション
  • 雨龍研究林