研究者紹介

森田 健太郎 (もりた けんたろう)

森田 健太郎
研究キーワード
魚類・生活史の進化・個体群過程・回遊・分断化・保全
メッセージ

フィールドで動物の生きざまを探求することは、その生物の進化の理解と保全のために重要です。なぜなら、その生物を特徴づける表現型はまさに生きざまを投影したものであり、その生物の本来の姿を守るために必要な、その生きざまを生み出した遠因となる自然環境を明らかにできるからです。生態現象の“生”を記録することはスリリングです。魚類の生活史多様性やそれを脅かす人間活動の影響(ダム、外来種、漁獲・放流)について、森林の水域生態系をフィールドとして、野外調査を基本とした研究を実践しています。必要に応じて数理モデルも併用して、論理実証的な研究を目指しています。