生態系変動解析分野 水圏ステーション

生態系変動解析分野は施設に相当するものを有しない独立した研究分野として運営されております。これまでは函館キャンパスを拠点に研究を行ってまいりましたが、平成26年6月からは、函館市国際水産・海洋総合研究センターに分室を設け、事実上の研究拠点とし、同センターの機能を活用した研究を進めています。同センターは三方を海に囲まれた函館港の先端部にあり、水産・海洋に特化した研究を行える環境が整っております。また、300トン水槽も有しており、豊富な海水を利用した研究を行うことが可能です。

生態系変動解析分野
住所
〒040-0051 函館市弁天町20-5
TEL
0138-85-6625
FAX
0138-85-6625
代表メールアドレス
lamecaweb [アットマーク] fsc.hokudai.ac.jp
施設サイト
http://www.fsc.hokudai.ac.jp/lameca/index.html

施設の特徴

フィールドに出る。海を知る。〜変動する海洋生態系を様々な手法で可視化する〜

利用できる付帯施設

函館市国際水産・海洋総合研究センター

利用に際して提供できる道具・機器類

機器類・バイオロギング-バイオテレメトリー・音響計測の機器

利用に際して提供できる人的サポート

機器使用に関 する研究のコンサルティング

施設を利用した主な教育・研究

研究:

函館市国際水産・海洋総合研究センターは、大型水槽・分析室・解剖室・冷凍室などを擁しており、これらの施設を使って、海洋生物の行動実験や、調査機器による計測、海棲哺乳類の解剖などを行っています。

施設からのメッセージ

本研究室は施設を持ちませんが、日本各地、時には海外にもフィールドを持ち、様々な調査研究を行っています。また、これまで様々な組織と共同研究を行っており、フィールド研究で培った経験に基づき、最新の海洋生態系の計測手法をもって、海洋科学の発展と海洋生態系を取り巻く様々な問題に対しての解決に資することが可能です。

NHKスペシャルに三谷曜子准教授が出演します

2018年10月25日

生態系変動解析分野の三谷曜子准教授が、NHKスペシャル「知床 シャチ 謎の大集団を追え」に出演します。

三谷先生の海洋大型動物研究の一端が垣間見ることが出来ます。

 

NHKスペシャル「知床 シャチ 謎の大集団を追え」

放送日 2018年10月28日(日)  午後9時00分~9時49分

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 水圏ステーション
  • 生態系変動解析分野

「恋するシャチの物語」1月2日放送決定

2017年12月26日

2018年1月2日(火) 午後7:30~午後9:00の、 NHK BSプレミアで「恋するシャチの物語」が放映されます。
この番組は2017年11月3日に放送された『北海道スペシャル「知られざるシャチの楽園~知床羅臼~」』の長尺版で、撮影には生態系変動解析分野の三谷曜子准教授が協力しています。

番組内容:世界自然遺産・北海道知床沖は、海の王者・シャチが高密度で生息する。豊かな海に恋をして、この海で恋に落ちるシャチ?その謎の生態に気鋭の研究者と、最新機材が迫る!(NHK番組表より)

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 水圏ステーション
  • 生態系変動解析分野

NHK総合「おはよう日本」で「シャチの海(仮)」が放映される予定です

2017年11月22日

2017年11月23日(木) 午前7:00~午前8:00の、 NHK総合「おはよう日本」で「シャチの海(仮)」(7:30~7:55の予定)が放映される予定です。
この番組は11月3日に放送された『北海道スペシャル「知られざるシャチの楽園~知床羅臼~」』の短縮版で、生態系変動解析分野の三谷曜子准教授が協力しています。
http://www4.nhk.or.jp/P2867/x/2017-11-03/21/41927/8388041/
また、来年1月2日にはBSプレミアムで90分拡大版が放送される予定です。

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 水圏ステーション
  • 生態系変動解析分野

第8回「海の日」学生論文 優秀賞に富安氏(指導教員:宮下教授)

2016年7月6日

2016年7月5日、日本海洋政策学会、日本海事新聞社、教育新聞社は第8回(2016)「海の日」学生論文の受賞者を発表しました。その結果、大学院環境科学院生物圏科学専攻の富安信氏(指導教員:生態系変動解析分野 宮下和士教授)が優秀賞に選ばれました。

表彰式は7月11日に東京で行われる予定です。

受賞論文名「海洋生物の行動と水中音波通信を応用したリアルタイムな海洋環境調査」

詳細はこちらをご覧ください。受賞論文の内容も閲覧できます。

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 水圏ステーション
  • 生態系変動解析分野

【6/30締切】平成28年度公開水産科学実習(バイオロギング編)参加者募集

2016年6月6日

スライド1

教育関係共同利用拠点「食糧基地、北海道の水圏環境を学ぶ体験型教育共同利用拠点-多様な水産資源を育む環境でのフィールド教育-」に係る平成28年度公開水産科学実習(バイオロギング)の参加者を募集しております。

公開水産科学実習は複数のテーマが用意されております。今回お知らせするのは、いわゆる「バイオロギング」に関する実習(内容はチラシの写真を見て想像してください。)です。期間中は、臼尻水産実験所(函館市臼尻町)に宿泊し、必要に応じて函館市国際水産・海洋総合研究センター(函館市弁天町)でも実習を行います。臼尻町と弁天町との間は無料で送迎いたします。自宅より実習開始時集合場所(函館市弁天町)への往復移動費用は所要経費には含まれず、参加者負担となります。

北海道新幹線が開業した道南の港町・函館、歴史ロマンあふれる函館市西部地区の更に奥にある研究センター、あるいは、噴火湾・漁火船団の情景を一望できる海に面した臼尻水産実験所で、津軽海峡を泳ぐ魚に想いを馳せつつ実習に勤しんでみてはいかがでしょうか。

参加ご希望の方は実習の詳細や、本実習に係る教育関係共同利用拠点ホームページもご覧ください。

スライド2

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 水圏ステーション
  • 生態系変動解析分野