静内研究牧場 耕地圏ステーション

静内研究牧場は、1950 年(昭和25)、大蔵省から農林省新冠種畜牧場より林牧馬役80 頭および林間放牧地の所管換を受け、農学部日高実験農場として発足した。札幌から150km、JR 日高線静内駅から北東約 16km の日高山脈の西側山麓、新ひだか町に位置する。森林330ha、草地130haを含む470haの土地に、牛約150頭(肉用牛)、馬約100頭(北海道和種馬、乗用馬および軽種馬)を飼養し、大学の研究牧場としては最大の規模を持っている。牧場は、森林、草地、耕地、水系などを含めた一つの傾斜地生態系をなしており、家畜生産に関する総合的な教育・研究の場となっている。現在は、狭義の家畜生産のみならず、牧場をとりまく生態系を構成する、水、土壌、気象動植物などを含めた総合的な研究を推進している。また、専門教育のみならず、教養教育としての自然教育・農業教育の場としても活用されている。

静内研究牧場
住所
〒056-0141日高郡新ひだか町静内御園111番地
TEL
0146-46-2021
FAX
0146-46-2927
代表メールアドレス
shizunai[アットマーク]fsc.hokudai.ac.jp
施設サイト
http://www.fsc.hokudai.ac.jp/lf/

施設の特徴

330haの林間放牧地を含む総面積470haの広大なフィールドで、100頭の北海道和種馬と200頭の日本短角種牛を飼養している。

利用できる付帯施設

宿泊施設(最大46名まで宿泊可)

利用に際して提供できる道具・機器類

バギー数台、電気牧柵一式

利用に際して提供できる人的サポート

技術職員7名

施設を利用した主な教育・研究

教育:

・牧場実習(畜産科学科):冬季1週間(2年次第2学期終了直後)、夏季2週間(3年次夏季休業直後)
・全学教育科目集中講義「牧場のくらしと自然」:夏季1週間

研究:

・森林下草資源を利用した北海道和種馬の飼養管理~森林内での採食量、採食行動と利用場所、植生に対する影響~
・ヒトに対するウマの反応、行動
・群飼養しているウマの社会構造
・放牧を主体とする日本短角種牛生産
・ウマとウシの放牧が草地および森林生態系に及ぼす影響
・草地・飼料畑における炭素および窒素収支
・甲虫の体色と捕食寄生者との関係

施設からのメッセージ

日高山脈の西側山麓、新ひだか町静内に位置する研究牧場は、森林330ha、草地130haを含む470haの土地に、肉用牛約200頭(日本短角種)、馬約100頭(北海道和種馬、乗用馬)を飼養し、国立大学の牧場としては最大の規模を持っています。
本牧場は、森林、草地、耕地、水系等を含めた一つの傾斜地生態系をなしており、家畜生産に関する総合的な教育研究の場となっています。また、狭義の家畜生産のみならず、牧場をとりまく生態系を構成する水、土壌、気象、動植物などを含めた総合的な研究を推進しています。さらに、専門教育のみならず、教養教育としての自然教育・農業教育の場としても、大きな家畜群を有する牧場の広大なフィールドを、様々な分野で是非有効活用していただきたいと思います。

静内研究牧場がBSジャパンで紹介されます

2015年10月1日

10月17日(土)17:30~18:00にBSジャパ ンで「にっぽんの在来馬 北海道和種馬 どさんこ」が放送されます。静内研究牧場の河合牧場長と管理運営アドバイザーの近藤誠司先生のインタビューの他、静内研究牧場の様子も放送されます。

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 耕地圏ステーション
  • 静内研究牧場

耕地圏ステーション静内研究牧場の近藤牧場長が、北海道知事より感謝状が授与されました。

2015年3月10日

耕地圏ステーション静内研究牧場の近藤牧場長が、北海道知事より感謝状が授与されました。授与内容についてはこちらから

カテゴリ:
  • お知らせ
  • 耕地圏ステーション
  • 静内研究牧場