本文へスキップ

当拠点は北海道の水圏環境を学ぶ体験型教育共同利用拠点として教育の場を提供しています。

教員紹介MEMBERs

臼尻水産実験所

宗原 弘幸(専任所長:教授)

専門分野 :魚類生態学、分子生態学
研究テーマ:繁殖行動、進化、生物多様性
メッセージ:一般向けで良いですから、生態学に関連した良書をたくさん読んでください。自らの好奇心と感性に従った研究に熱中できるのは、学生の時代だけです。一緒に、海の生き物を学ぼう。


宮下 和士(兼任教員:教授)

専門分野 :海洋生物資源のモニタリング手法の開発、海洋生態系変動解析
研究テーマ:海洋生物の可視化、海洋生態系モニタリング、フィールドオートメーション
メッセージ:私の研究室ではプランクトンからクジラまで、海洋生態系をダイナミックに可視化するための調査・研究を行っています。また、国内外を問わずフィールドワークが多いのが特徴です。


七飯淡水実験所

山羽 悦郎(専任所長:教授)

専門分野 :魚類発生学、水産育種、発生工学
研究テーマ:始原生殖細胞、キメラ、母系因子、胚軸形成、借腹養殖
メッセージ:研究を進めるにあたって、まず自分とは何なのか、自分の興味はどこにあるのかをつかみましょう。それがわからなければ、まず言われたことをやりながら考えましょう。大学は、自分探しの場所です。自分の興味に合わないことをやるのは苦痛です。個人が行える研究の範囲は狭いものです。でも、広がりは無限です。研究は、自分が主体的に関わるものです。自分の能力全てが試されると考えてください。もちろん、できるように指導を行います。

山本 潤(兼任教員:助教)

専門分野 :水産海洋学、頭足類生態学、海中の直接観察
研究テーマ:スルメイカ、プランクトン採集、ROV
メッセージ:フィールドにどんどん出て行って、自然の大きさ、厳しさ、脆さを感じてください。

忍路臨海実験所

四ツ倉 典滋(専任所長:准教授)

専門分野 :海産植物学
研究テーマ:コンブ目植物、生物多様性、遺伝資源保全、育種
メッセージ:北海道の沿岸には、ほかの地域では見ることのできない豊かな”海の森”が広がっています。海洋環境が刻々と変化しているなかで、この”海の森”のことをよく理解し、守り、育てることは北海道に暮らす私たちの大切な役目だと思います。


傳法 隆(兼任教員:助教)

専門分野 :種生物学、湖沼学、分子系統学
研究テーマ:食物網、バイオマニピュレーション、接合藻類、ミカヅキモ
メッセージ:自然の豊かな北海道の湖沼や湿原に出かけ、主に淡水微細藻類の採集を行っています。林道を一人で歩いていると、悠久の時の流れに溶け込んでしまっているような、仙人にでもなったような心持がしてきます。月並みな言葉ですが、「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあります。皆さんには今なんであれ好きなことを選択し、やることができる機会が与えられているのですから大切にしましょう。


生態系変動解析分野

宮下 和士(教授)
山本 潤(助教)



北方生物圏フィールド科学センター

学術協力担当

〒060-0811
北海道札幌市北区北11条西10丁目
TEL.011-706-3452
FAX.011-706-4930
→アクセス