Staff

ARAKI, Hajime / 荒木 肇

Theme (1)自然エネルギーを活用した農業生産体系に関する研究
盛夏には雪冷熱、地中熱でチコリー生産(適温15℃)、厳寒期は地中熱、太陽光集熱、堆肥熱での生産。ペレット暖房で冬季アスパラ。
(2)カバークロップを導入した農業生産体系に関する研究
ヘアリーベッチ(HV)を前作し、後作にトマト生産(6年継続)。HVからの窒素供給を安定同位体で研究。
(3)農業を中心とした地域活性化に関する研究
新規作物普及や寒冷地での施設環境評価(各種ハウス 大型温室)
Contact Me araki@fsc.hokudai.ac.jp
Message 持続的農業生産のツールとして緑肥を継続研究。自然エネルギーを農業生産に活用すべく北大農場と現地に出向いて研究。工学や経済学との共同 で、研究成果を地域で展開しましょう。
References
  1. Araki H., H. Nakano, S. Takamushi, S. Ichikawa, T. Jishi and Y. Hoshino. S. Yamagata, M. Kamide, Y. Yamakoshi and A. Yamada. : Evaluation of asparagus fern and rhizome residues as bio-energy source. Acta Horticulturae 950:201-206. 2012
  2. Sugihara Y., H. Ueno, T. Hirata and H. Araki. Uptake and Distribution of Nitrogen Derived from Hairy Vetch Used as Cover Crop by Tomato Plant. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 82: 2013 (in press)
  3. 藤原沙弥香・荒木 肇・地子 立・藤井賢彦.温泉地におけるCO2排出量低減の可能性:北海道・流山温泉と夕張温泉における未利用エネルギー の利用促進に向けたケーススタディ.日本LCA学会誌8:356-369. 2012.
  4. ARAKI, H., S. Hane, Y. Hoshino and T. Hirata : Cover crop use in tomato production in plastic high tunnel. Hort. Environ. Biotechnol. 50(4)324-328. 2009.
  5. ARAKI, H., S. Hane, Y. Hoshino and T. Hirata : Cover crop use in tomato production in plastic high tunnel. Hort. Environ. Biotechnol. 50(4)324-328. 2009.
Projects
  1. 「寒冷地特性を活用し国産アスパラガスの周年供給を実現する高収益生産システムの確立」新たな農林水産政策を推進する実用技 術開発事業委託事業 2009-2011

  2. 「カバークロップ導入による省資源・温暖化ガス抑制型の有機栽培の確立」 2009-2011 
    科学研究費補助金・基盤研究B 2009-2011

  3. 「バイオマスペレットによる農業ハウス加温システム技術研究開発」 
    産学連携道産低炭素化技術振興モデル事業 2011

  4. 「農業用廃プラスチックの再利用に関する研究開発」
    道循環税プロジェクト 2012-2014

Link

私の研究者図鑑

ReaD Link http://researchmap.jp/read0100130/
ARAKI, Hajime